KDCオフィシャルブログ

KDC(九州ディメンションゼロコミニティーズ)管理者たちのD0ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

決勝動画

新・九州最強決定戦の決勝動画をニコニコ動画にアップしました!
興味のある方はぜひ見てください。

1本目
2本目
3本目
[ 2010/08/22 21:57 ] varon | TB(0) | CM(0)

九州最強決定戦 イベントレポート

こんにちわ、varonです。

今回は先週末に行われた「新・九州最強決定戦」の大会全体のレポートです。

今回は形式を今までの九最とは少し変え、予選を2回行い代表者を4名選出する形式を採りました(`・ω・´)

午前の予選の参加者は11名、午後の予選の参加者は14名でした!
午後からのほうが参加者が多いということで、朝からでは都合が悪いor
朝はゆっくりしたい人にはちょうどよかったのかもしれませんねw

参加者は地元福岡、佐賀からの参加者が多かったのですがなかには、なんと岡山・香川からの遠征者もおられました!
これだけでも九最を開いた価値があるというものです。
次回開催時も是非来てくださいねw>シルファさん、元帥さん


そうそう、私はスタッフ(ジャッジ)だったのですが、午前の予選の参加者が11名と奇数だったので急遽参戦しました。
使用デッキはレンタルデッキとして用意した白タッチ黒ビートダウンです!

  レシピ
ユニット
《ディドゥルチャージ》*3
ベース
《懺悔の螺旋階段》*3
ストラテジー
《暗黒の衝撃》*2
ユニット
《聖騎士ホーリー・クレイモア》*3
《忠実なる闘士フェンリル》*3
《タピオカ・ナイト》*6
《ワーキシー・ナイト》*2
《シェカラート》*3
《ワード・エイト》*3
《聖騎士ホーリー・レイピア》*3
《破戒の騎士ホーリー・バスタード》*2
ベース
《ソーラービーム・サテライト》*3
ストラテジー
《ボーイ・ミーツ・ガール》*2
《白銀の衝撃》*2

白の優秀な覚醒持ちユニットを展開して殴るだけ・・・という簡単なデッキなのですが、今回はそれをサポートするために黒のハンデスカードを採用しています。忠実なる闘士フェンリルはやはり強力です、フェンリルを場に維持できるかどうかが大きく勝敗に関わってきます。フェンリルを場に維持するために2種類各2枚の衝撃を使用しています。今回のVセンチュリー限定構築では赤緑よりも強いビートダウンデッキではないでしょうか?
ちなみにコルさま昇天ことクロスボンバーを入れたかったのですが、
持ってきてなくて入れれませんでした。
なかなかやる子だとおもうんだけどなぁ、クロスボンバー・・・


1回戦 青黒コントロール Johnさん ×
2回戦 赤青白スクラップ レーヴェさん ○
3回戦 アメーバ     HN不明 ○
4回戦 白黒ビートダウン Markさん ○

結果は3勝1敗と惜しくも権利獲得ならずだったのですが久しぶりのD-0の大会ということでとても楽しむことができました。

サイドイベントのVシールドですが、参加者12名とこちらの方もたくさんの方に参加してもらいました、楽しんでもらえたと思います!
1パックシールドということでいつもの対戦とは違った楽しそうな悲鳴があちこちのテーブルで起きていましたw
私が見た試合だと2ターン目くらいにプランに現れたアルカード伯爵が墓地に送られて対戦相手の方が悶絶していましたw

さて今回の決勝トーナメント進出者は
午前の部1位Johnさん、2位シルファさん、午後の部1位りぶさん、2位pinoさんこの4名の方でした
決勝トーナメントは80分3本制サイドボード有りで行われました。さすが決勝トーナメントというだけあって周りには観戦者のかたも何人かいらっしゃいました。

決勝トーナメント1回戦はJohnさんVSpinoさん と シルファさんVSりぶさん
勝利したのはJohnさんとりぶさんです。奇しくも二人とも使用デッキは青黒コントロールでした。
というわけで決勝戦はJohnさんVSりぶさん 3位決定戦はシルファさんVSpinoさん です。
3位決定戦ではシルファさんがpinoさんの赤緑の猛攻を凌ぎ切って見事勝利されました。
決勝戦は青黒同系対決ということで試合時間の80分を使い切ってしまう長い戦いとなりましたそんな80分の接戦の結果、優勝したのはりぶさんでした
りぶさん、おめでとうございます!

決勝トーナメントで使用されたデッキと順位はKDCのほうに掲載していますので興味がある方はぜひそちらもご覧ください。

大会レポートはこれで終わりですが、大会についての感想や要望があればそうぞ気軽にコメントしてください!

決勝戦だけですが対戦動画を撮影しましたのでこちらをニコニコ動画のほうにて近日公開予定です!
動画を上げたらこのブログでお知らせします、それではまた次回!
[ 2010/08/13 00:41 ] varon | TB(0) | CM(0)

ひさしぶりの更新!九最サイドイベントのVシールドについて

みなさん初めまして、雑務担当のvaronです。自己紹介はすでに、Johnがしてくれてるからしなくてもいい・・・よね?
今回の記事は今週末にある新・九州最強決定戦のサイドイベントのVシールドについてです。

【Vシールドルールについて】
・ディメンション・ゼロのパックを1パック(12枚入)とVカード12枚を使って対戦する方式です。

【Vカードについて】
Vカードとは下記の能力を持つVシールド専用カードです。

種別:ユニット 使用コスト:無色3 移動コスト:無色2
タイミング:クイック パワー:3000 スマッシュ:0
●すべてのゾーンでこのカードの色をすべての色(赤、黒、青、白、緑)にする。
●すべてのゾーンでこのカードの種族をすべての種族にする。

【Vシールドの進め方】
1.ディメンション・ゼロ 1パック(12枚入)、Vカード12枚を用意します。
2.ディメンション・ゼロ 1パック(12枚入)を裏向きに開封、表面を見ずに枚数を確認したら、裏向きのままVカード12枚と混ぜてシャッフルします。
3.その24枚を山札として対戦します。以降のルールは全て通常のディメンション・ゼロに準じます。
※公認大会・公式大会ではカードの代用は認めておりませんが、当イベントについてはVカードをお持ちでない方も、Vセンチュリーベーシックパック「覚醒の刻」内に封入されているVカードの代用用紙を利用してご参加可能とさせていただきます。
※Vカード代用用紙の使用が想定されますため、裏面が不透明なカードスリーブのご用意を推奨いたします。

公式からの抜粋ですが以上がVシールドの基本的なルールとなります。当然初期手札は5枚ですし、デッキがなくなったら負けです。それと後攻のみマリガンがあります。
このVシールドで特筆すべきはなんといってもVカードでしょう。すべてのゾーンですべての色と種族を持つこのカードただの色事故防止のためのカードと思われるかもしれませんがそんなことはありません!
各種決意や「聖光の大隊長ラフィーレ」といった色を参照する能力とも相性はいいのですが、やはり強力なのが「変幻獣バブルライカン」「犬闘士ケルベロス」やフレアロード、スカイロードといった種族を参照する能力を持つカードとの組み合わせでしょう。そのどれもがゲームを決めてしまうほどの力を持っています。なので、Vカードを一枚は手札に持っておくといいかもしれませんね。
[ 2010/08/02 21:56 ] varon | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。