KDCオフィシャルブログ

KDC(九州ディメンションゼロコミニティーズ)管理者たちのD0ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

V-1環境について

どうも,Johnです.
みなさん,V-2環境は満喫してますでしょうか?
自分は数えたらフリー用含め30個以上デッキがありましたwwwもちろんプロキシやデータのみのもありますが.
なんだかんだで今回のパックもデッキの作り甲斐がありますねw
若干テストプレイ大丈夫かなとは思いますが.

さてさて,今回は今更感がありますが,前環境(V-1)のお話.
日本選手権の上位レシピも公開されましたし,お時間がある方はお付き合いください.

※長文注意

とあるD0プレイヤーがこうツイッターでこう呟いていました.

 「D0のデッキ相性差は互いに最高にプレイングを研磨してみないとわからない。
  一般論で~は~に弱いというのがあっても実際に回しまくらないと細かい部分
  まではわからない。                           」
※勝手に言葉をお借りしてすみません

確かにその通りである.(少なくとも自分はそう思います)
少し構築をいじったり,同じレシピのままでも正しい(であろう)プレイングをすると
相性や勝率がひっくり返ったりすることも珍しくはないです.
(特に今回は草夾竹桃はプレイングや構築の幅が広かったですし)

本来なら環境最大かつ締めの大会である日本選手権で勝ったデッキが正解だと思うのですが,今回の参加人数は60強ほど,過去最少で前回の1/3程度です.
今までの上位レシピだと全部納得のいくレシピ(トロールバレー,青黒ティアー,白黒青通廊コン,悠久コンしかり)なんですが,今回に限ってはあまり「これらが正解だなぁ」と思えなかったのが本音.(別に批判というわけではないのであしからず)
今回の上位の方,また2日目には残れなかったものの順位が上の方だった方々は
一体どういう研究をしどういうメタゲームを経験・思案してあの構築に至ったがよく読めず.
(今までは大体読めたのに今回は自分ははっきりとはわからなかったです)

自分の場合は...
草夾竹桃がかなりのハイパワーのデッキである.
草にデッキ的に勝てないデッキは今期は厳しいだろう


      ↓

それらをメタるために白系ビートにテリアとグラビティフィールドを少し挿す(今回4,5位の方のような)
もしくは既存メタデッキにタッチ白をする

      ↓

それらにはデッキパワー的にも基本有利なスカイ,フレアロード
スカイロードは草にもそこまで相性も悪くない

///サンプル///
ユニット
《七つの海の王子》*3
《香魔マナカ》*3
《香魔ミダレバコ》*3
《香魔キャラ》*3
《香魔コジ》*2
《香魔ラコク》*3
《B-tan博士》*2

《錯乱時計パニックヴォイス》*2
《堕天使ムリエル》*3
ベース
《懺悔の螺旋階段》*2
ストラテジー
《メディア征服作戦》*3
《侵略者の一撃》*3
《不運の始まり》*3

《失恋の痛み》*3
《無限凍結》*2


ユニット
《ライトニングホーン・ドラゴン》*3
《焔魔ハナクイドリ》*3
《焔魔ツジガハナ》*3
《焔魔ヨツビシ》*3
《焔魔キッショウ》*3
《焔魔カンゼミズ》*3
《海の守り手アトゥイ》*2
《焔魔ツユシバ》*3
《焔魔セイガイハ》*3
《焔魔ヤガスリ》*3

《錯乱時計パニックヴォイス》*2
ベース
《マントルを漂う遺跡》*2
《懺悔の螺旋階段》*2
《アサルト・フォートレス》*3
ストラテジー
《失恋の痛み》*2

      ↓

草には分が悪いがその他には普通に戦える黒単コントロールや
草にも押し切れる可能性がある赤系急襲ビート,刀匠

///サンプル(黒単・刀匠)///
ユニット
《切りつける人形ノエル》*3
《墓堀公クローゼ》*3
《はしゃぐ人形コレット》*2
《微睡む人形スージー》*3
《大巨人ユミル》*2
《幽魔タスヴィーリー》*3
《調整体ノゼ》*2
《ディドゥルチャージ》*3
《ケット・シー》*3
《錯乱時計パニックヴォイス》*2

ベース
《懺悔の螺旋階段》*2
ストラテジー
《人形遣いの休息》*3
《破滅の刻印》*3
《ナイトメア・ウインク》*3
《失恋の痛み》*3


ユニット
《スカラベマスター》*3
《スカルジャイアント》*1
《大巨人ゴッドファーザーJr.》*1
《妖魔の薬剤師》*2
《妖魔の錬金術師》*3
《美麗羊ビューティ・ラム》*2
《ウツロイ・ドリアード》*3
《ホウキ・ドリアード》*2

《犬闘士テリア》*3
《聖騎士ホーリー・パルチザン》*2
《忠実なる闘士フェンリル》*2

ベース
《精霊の迷い家》*1
《刀匠の穴蔵》*3
《禁断の地の果実》*3

《タクティクス・グラビティ・フィールド》*3
ストラテジー
《バニー・フラッシュ》*3
《ダークサイド・ソウル》*3

      ↓


テリアやグラビティ程度ならどうにかなる草夾竹桃ができる
(ケット,潮流など)
///サンプル///
メインデッキ
ユニット
《ケット・シー》*1
《錯乱時計パニックヴォイス》*2

《夕焼けの海の魔女》*1
《断裂の魔氷クレバス》*2
《潮流の魔女》*1

《スカラベマスター》*2
《悪戯するフェアリー》*3
《草夾竹桃》*3
《大巨人ゴッドファーザーJr.》*3
《変幻獣バブルスカラベ》*1
《大巨人バックス》*3

ベース
《リサイクルセンター》*3
《産卵科病棟》*3

《枯れ果てた大樹》*1
《妖精の社交場》*3

《時空城砦》*3
ストラテジー
《ダークサイド・ソウル》*3
《不運の始まり》*1

《自分が消えていく》*1

      ↓

草メタ色を強くするために「ホーリーウィップ」採用(今回6位)
ヴォイスや博士の採用率からも腐ることは滅多にない(varonレポ参照)
それなりに本番も見かけるだろうと予想

      ↓

ならそれも克服した草夾竹桃が最適だろう
むしろできなきゃ使わない方が賢明とすら思える


※これら以外にもデッキタイプはたくさんありますがとりあえずここでは置いときます.

と思い,大地の緒型草夾竹桃を使用したわけですが,結果は散々.(過去記事参照)
とはいえ構築自体に後悔はほとんどなく,単に使い手が弱かっただけなのか.
自分と同じ型は一人もおらず,当日ももう少しいろんな型の草を見れるかと思いましたが,
なるほどなと思ったのは一回戦で対戦したY田さんの草くらいでした.(全部見れたはないですが)
上位2名の草もリリア以外は試しましたが,
あまり白に特別優位に立てると感じることができず.
タスはクレバスと役割が被りやすく,産卵から出す意味合いも効果が薄い印象でした.
(大抵エヴァでジャマされて1体倒すのが関の山でした)
ホーリーウィップも全然見なかったような.ある意味白最大の特権と思ったんだけども不思議.

とまあ自分の場合はこんな感じでした.
ちなみにサンプルレシピは当時本戦に持ち込むならこうすると考えていたレシピです.
もしなんでこんな形なん?,ありえなくない?とか聞かれたら答えますw

上位レシピをざっくりとした感想を...
1位は特別気になるところもなく.
2位についてはタス,フロストがどれほど活躍したのだろうと.
同じ感じのものを回したことがありますが,どちらも白相手に状況打破できるカードではなかったんですが・・・.
3位のフレロは1点だけ.禁呪は万手<アトゥイだと個人的には思います.
万手はどうにも安定した効果を出してくれず,いつも危ない橋を渡らされました
まあギャンブル要素はすごく面白いし,盛り上がるんですがww
4位の方はどうしてテリアやグラビをガン済みしなかったんだろう.
5位のデッキは使ったことのないタイプなんでなんとも.テリアはハワードでサーチするためなんだろうか.
6位,というよりこのタイプを予選で使った方はやるなぁと思いましたw
すでに纏まっていて基本的にいじるところがなかったです.
7位のデッキは・・・対何を主観にしたのか読み取れず.うーん・・・
8位のデッキは,前回優勝者の河村さんと同じレシピらしく,彼曰く
「本戦が近くなってから作ったデッキで,選択ミスかなと.白が多くてエンマが腐る事が多かった」とのこと.

自分の調整はもっぱらゼロネットで北海道の骨くんと調整がほとんどなので,考えが偏ってる可能性大.
なので,
「いやいやこんなメタゲームの予想は間違ってる」や「うちの地域ではこういう考えでした」などV-1環境での正解構築やプレイングの考えを聞きたいですので,よければコメント欄にでもいろいろ考えを書いてもらえるとすごくうれしいです.

最近はプレイング・環境理論やあるデッキタイプについて熱く語ってくれるブログなども減ってしまったので,今回こんな痛々しい記事を上げさせてもらいました.
(2年前くらいのK下さんの海の家の記事はほんと面白かった)
公式大会も減り,世に公開されるレシピも少なくなりましたしね.
今更前環境の事をほじくり返しても仕方ないと思う方もいられるでしょうが,
前環境のメタやデッキ事情を正しく理解して次の環境へ入る事は決して悪い事ではないはずです.
特にメタゲームやデッキの見解なんて地域差があって然りだし,いろいろ世にばらまいてしまいましょうw
又聞きではありますが,創造神曰く,「草が強くなるのはわかっていたがメタゲームが廻り草は弱くなって,別のあるデッキが出てくる(会場では見かけなかった模様)」だそうです.
どうにも賞金制の名残かことディメンションゼロにおいては情報が出回りしくいですし.
まあ文面では記述しづらいというのもありますが.

コメントや考え方お待ちしてます.

P.S2:ちょっと自分の中の白系ビートに関する考えをば.
   白は草相手にはテリア系(エネを対象にできなくするカード)やグラビティフィールド,
   できればウィップ,エヴァあたりをチラつかせたり,場に設置して
   長期的な,または崩せないロックを狙うのではなく,この手のカードを1枚草相手にきって 
   動きが少し鈍ったところをフェンリル絡めて早々に殴りきるためのテンポどり用カードでしかないかなと.
   2種類以上場に並べば相当動きづらいですし,衝撃でサーチもできるので相手の状況を見て
   的確な妨害カードを持って来れますし.
   草以外にも耐性持ちやフェンリルなどおかげで普通に戦えるのポイントかと.
   これは改まって言うようなことでもないですがw
   

P.S:読み返してみると何が言いたかったのかわかんなくなってきたwww
  長文書く能力がほしい(´・ω・`)そして不快に感じた方がおられたら申し訳ありません(汗
  ただ一回だけ大会やってこの環境おわりね!っていうにはちょっと締めがわるいというかなんというか
[ 2010/12/10 18:57 ] John | TB(0) | CM(4)
※これはTeamReのにんじんさんのレスに対するレスです.
ttp://team-re.seesaa.net/article/172748797.html

そうですね.テリア・グラビティについてはほぼ同意見です.
これらのみでは草側は構築やプレイングで回避できるので止まりません.
特にテリアでは出したターンくらいしかジャマが見込めないのでしょう.
そこで予選通過レシピにあった白単のウィップと聖域の魔女だと自分は思います.
ウィップが採用されているとなると草側は不用意にエネ効果持ちをフリーズするわけにはいきません.エネに置かなければ意味はないのですが,エネ効果持ちをハンドに抱えると動きが非常に悪くなります.また悪戯でのブーストにも牽制が掛かり,エネが溜まるまでエネ効果持ちを使わずに行動し続けるのは大きなテンポロスです.一度縛られるとなかなか解除できないので,大きく動くときはウィップ達をしっかり駆除しないといけないのですが,産卵クレバスやjrで踏みに行くのはなかなかうまくいかないのが現実です.
それは前者はグラビティが,後者はフェンリルなどが関わってくるんですが,ウィップの拘束を受けている状態でそれらのエネを捻出するのはなかなか大変で,例えクレバスが着地してもコストがバラけていて言うほど効果がないです.
そこを草のエネ回復でケアできるといいんですが,聖域魔女も絡んでくるので簡単にはいかないことが多いです.テリアだとフェンリルとコストが一緒なためクレバスで一気にどけれるのですが,聖域はそうはいかずJrくらいしかまともに踏めるやつもいないので,そうこうしてる間に押し切られる事が多かったです(経験上).
[ 2010/12/10 21:42 ] [ 編集 ]
こんにちは。ToCaGeからやって参りましたARNVALです。

話題にあがっています、予選の白単を作ったのは実は私なので、カードの採用の理由などをお話します。
まず、ウィップですが、これは当初、草を意識せず入れました。そもそも、草がまだ成りを潜めている時でしたので、その存在すら知らなかったのです。
本来、ウィップはコントロールのテンポ崩しのために、入れていました。
この白単はコントロール相手だとジリ貧になりやすいのです。そこに、パニックヴォイスが加わると全く手が出ない。
そこで、ウィップの登場というわけです。
コントロールは基本は青黒ですから、博士と時計の少なくともいづれか一方を採用している可能性は非常に高い、と思い腐ることもないだろうと考えました。
しばらくして草が頭角を現し、ウィップの範囲がJr、スカラベ、バブルスカラベにも広がったため、そのまま採用し続けた次第です。

次に、聖域の魔女です。
これはもちろん草を意識しています。
しかし、私としては草よりもコントロールを対策すべきだと思っていましたので、アンタッチャブル効果のある魔女を採用しました。雲海の牧場との相性もいいですし。
クレバスのコストの関係は考えていませんでした(笑)

つまるところ、草はあまり意識していなかったので、この白単が草に強いとは思っていません。
近場に対戦相手がいないので、このデッキで草と戦ったこともなく、相性の良さも不明です。
逆に、爆破コンやクローゼコンなどを相手にしていて、負けまくりでしたので、コントロールに対する意識が強くなったんだと思います。
最終的に、このデッキは相性が良いデッキはあるのか、と思い解体しました。
結局、本戦に使うデッキが無く、出場しなかったわけですが・・・
実は色々なデッキと渡り合えたのかもしれません。(私に実力が無いので厳しかったと思います)

・・・対戦相手は欲しいものです。
[ 2010/12/11 21:53 ] [ 編集 ]
コメントどうもです.
まさかの本人様がwww
自分は何度か白単の構築にチャレンジしては崩しての繰り返しで,そんな時にあのレシピ見てなるほどなぁと思ってなんですが,まさか特別草を意識してなかったとは.
ずっと草などの構築を読んでのカード選択だと思ってましたw
いやーウィップ意外とやりますね.
ヴォイスや博士止められると単純なエネ縛りだけでなく役割破壊まで兼ねてるんで,試してみて思った以上に強かったです.正直最初は草以外には大したことないやろーとか思ってましたw
あの構築で今回6位にも残れたんで,あの構築の方向性は白単での正解だと思ってます.
[ 2010/12/12 04:31 ] [ 編集 ]
そうですねー、ウィップは草以外にも結構出番がありますね。
今、予選レポをざっと数えたところ、全63デッキ中30デッキはウィップに引っかかります。
また、30デッキ中23デッキは草以外のデッキでした。
となると、ウィップがあまり見られなかったのは確かに不思議ですが、やはりあの重さと、除去されれば終わりという脆さが原因かもしれません。
しかしながら、私は草が制限になる次の環境でも、ウィップはまだまだ活躍できると思います。(巷では草はまだ死んでないという情報もありますし)


次の環境に目を向けて考えると、あの白単はまたメタデッキとして活躍(?)するかもしれません。
どうも最近はドラゴンが動いていますから、このままドラゴンの環境になれば、グラヴィティは必須でしょうし、裏口防ぎにエヴァも必須です。
また、パーツ集めを封じるのにチワワが役立ってくれるはずです。
とりあえず、聖域の魔女を天使ピースあたりに変えるくらいで、次世代を生き残る気がします。

・・・と、白単の考察ばかりになってしまいました。
私の前環境の感想としては、3すくみの状況だったのではないかと思います。
草に対しての白。白に有利なコントロール。コントロールに勝てる草。
そこにフレアロード等が入り込み、結局どれが優位なのか全く分からなくなったという感があります。
だから、今回非常に難しい環境になったのでしょう。

的外れかもしれませんが、これが私の意見ですね。
[ 2010/12/13 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。