KDCオフィシャルブログ

KDC(九州ディメンションゼロコミニティーズ)管理者たちのD0ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レーヴェのデッキ紹介。その1

どうもこんばんは、レーヴェです。


さて、V-1グランプリも終わり、今週末からは日本選手権2010の予選が始まります。
V-1と違い、Ⅲ-1からの全てのカードが使用可能となり、メタの読み合いが重要となってきます。
その中で、V-1「覚醒の刻」で復活したいわゆる団結種族のひとつ、ブレードマスターのデッキを紹介します。

マスター一閃ブレード(Ⅲ-1 002)*3
マスター飛燕ブレード(Ⅴ-1 005)*3(団結)

猛毒のパープルエッジ(Ⅲ-2 081)*3
マスター八双ブレード(Ⅲ-2 002)*8(団結)
影を縫うミッドナイトエッジ(Ⅲ-4 071)*3
マスター牙突ブレード(Ⅴ-1 015)*3
潜り込むネイビーエッジ(Ⅲ-3 072)*2
マスター抜刀ブレード(Ⅲ-3 008)*3
マスター無形ブレード(Ⅳ-3 008)*2(禁呪2)
マスター居合ブレード(Ⅲ-2 009)*3
マスター万手ブレード(Ⅴ-1 023)*3(禁呪2)

隠れ潜むバイオレットエッジ(Ⅲ-3 074)*1
忍び寄るブラックエッジ(Ⅲ-2 082)*3



各カードの役割を書くことで、デッキの動かし方とさせていただきます。

マスター一閃ブレード:1ターン目及び序盤プランからの登場で万手の覚醒の材料。バイオレットエッジの合成材料やブラックエッジの移動コストなど、ぶっちゃけバトル以外での仕事がメイン。時には自爆して場を空ける、墓地を増やすなどの仕事も・・・不憫だ。

マスター飛燕ブレード:2ターン目に出せることが万手覚醒への理想形。プランゾーン効果は八双に比べて地味ながら、残り耐久力3000以下のユニットからはダメージを受けることなく倒せるので侮れない。2コストクイックなのでブラックエッジの餌に最適。

猛毒のパープルエッジ:飛燕と同じく2ターン目に出して万手覚醒を狙いたい。序盤~中盤場にいるときは八双、居合の効果で相手をなぎ払いながらハンデスも可能。2コストなのでやっぱりブラックエッジの餌に向いている。

マスター八双ブレード:プランゾーン効果「攻撃時+5000」が派手な団結ユニット。3コストパワー2000なので手札からプレイする事は少ないかもしれない。

影を縫うミッドナイトエッジ:3コストでエネルギーに黒があるなら八双よりもこっちを出したい。「どちらかの墓地を3枚除外する事で、このカードの移動コストを支払うまでこのカードの移動コストを無色0に変更する」と言う能力を持つ。相手の墓地(特にプランジャー)を焼きまくることで牙突の能力を常時発動させることが主な仕事。基本パワーが4500とそれなりに高いので、中央にいる相手ユニット(特に勇者)を踏むのはこいつに任せる。

マスター牙突ブレード:「自分の墓地が相手より多い時、自分以外のブレードマスターを+4000」という能力を持つ。ブレードマスターは全体的にパワー不足なので、このカードがいるかいないかでユニットの生存率は大きく変わる。このデッキのキーカードであると同時に、相手から一番狙われるユニットでもある。

潜り込むネイビーエッジ:デッキを削ることで移動コストを無色0にするユニット。バトルに勝つとスマッシュが上がるのもポイント。最後のトドメにどうぞ。

マスター抜刀ブレード:このデッキのキーカードNo.2。「プレイされてスクエアに置かれると、デッキの上から2枚を見て種族『シャドー』か『ブレードマスター』のユニットを2枚まで自軍エリアにフリーズで置いてよい」という能力を持つ。要するに5コストで3体ものユニットを出せるというカードである。このカードで2スマユニットを出せれば当たり。

マスター無形ブレード:プランゾーン効果「パワー+1000とスマッシュ+1」という凶悪な能力を持つ。「まだ死なない・・・」と思って油断しているとこのカードで顔面蒼白になる。場に出してもミッドナイトエッジと同じ移動コスト軽減能力を持つため、非常に優秀。

マスター居合ブレード:プランゾーン効果「『攻撃時パワー+5000』と『バトルに勝ったらスマッシュ+1』」というド派手な能力を持つ。プランに見えたら相手ユニットに突っ込んでスマッシュを狙いにいきたい。

マスター万手ブレード:手が十倍になって帰ってきた千手ブレード。「プレイ時に種族を指定して、デッキの上からから3枚の中に指定した種族のユニットがいれば自軍か中央にフリーズして出してよい」という能力を持つ、このデッキのキーカードNo,1。3ターン目にこいつが出せたらかなり有利になるかも。

隠れ潜むバイオレットエッジ:このデッキの貴重なリリースインにして、全カード唯一の「リムーブゾーン効果」を持つ。除外されて初めて効果が発動するので、ミッドナイトエッジ、ネイビーエッジ、無形などで除外する必要がある。

忍び寄るブラックエッジ:このデッキのエース。自分の「シャドー」か「ブレードマスター」を生贄に《クイック》でリリース移動できる能力と、バトルに勝った時に墓地の「シャドー」か「ブレードマスター」を回収できる能力を持つ。プラン八双・居合で無双したり、相手の迎撃をかわしたりとエースの名に恥じない活躍ができる。抜刀や万手でこいつが出てきたら勝ちが一気に近づく。墓地回収して牙突の支援が消滅して自爆、なんてことにならないように。


枚数(特に団結の)は使ってみた感じで色々と変えてみてくださ~い。
[ 2010/09/03 21:33 ] レーヴェ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。